ホンダジェットは米国内や欧州域内などの短距離便で活用される(撮影:大澤 誠)

ソフトバンクグループの孫正義社長や楽天の三木谷浩史社長ら、世界を飛び回る経営者が手放せないツール、それが「ビジネスジェット」だ。プライベートジェットとも呼ばれる小型飛行機で、国土の広い米国では登録数が2万機近いのに対し、日本ではわずか62機。日本企業の利用はまだ少ない。

活用を促そうと動いたのが、ANAホールディングスだ。同社は今夏、双日との合弁でビジネスジェットのチャーター手配事業を始める。「ANAが長年培ってきた法人販売網が力を発揮する」(片野坂真哉社長)。まずは米欧におけるANAの国際線からの乗り継ぎ便チャーターで実績を積みたい考えだ。ここで活用するのがホンダジェット(上写真)。ホンダが開発した4〜6席の小型ビジネスジェット機で、米国内の短距離便などに適している。

大手航空会社の定期便と異なり、ビジネスジェットはいつでもどこへでも飛べる。日本ビジネス航空協会の岡田圭介会長(元ANA副社長)は、「国際的な企業交渉をタイムリーに、競合他社などにも気づかれず行え、交渉相手に“ビジネスジェットを使ってまで急いでやってきた”という姿勢を示せる」と利点を説明する。