本誌3月3日号の特集は、緊張する世界情勢を反映して「地政学」だった。筆者の「知らない」ことにも多くの紙幅を割いてもらい、たいへん勉強になっている。それでも、まだ食い足りない感覚は残ったのは、やや望蜀(ぼうしょく)であろうか。

地政学はイギリスで生まれ、ドイツで育ち、アメリカで発展した学問らしい。ということは、やはり欧米製、とても欧米的な概念である。もっとも、あらゆる学問がそうなので、別に地政学に限るわけではない。だからわが歴史学や経済学と同じく、欧米のことをあつかえば、とてもしっくりいく。けれども、わがアジアのことがらについて論じるには、いささか注意しなくてはならない。

『地政学入門』が示すもの

筆者の身辺で「地政学」といえば、ずいぶん古くなってしまったものの、まず曾村保信先生の『地政学入門』(中公新書)が思い浮かぶ。息の長いロングセラーで、筆者もよく読んだし、学生にもすすめてきた。歴史学は史料に即した学問であるだけに、あまり現場の史料ばかりに深入りすると、大所高所からの視点が弱くなって視野狭窄に陥りかねないからである。とくに欧米的な政治・外交の思考とその理論化の趣を知るには欠かせない。