いでい・のぶゆき●1937年生まれ。早大卒。60年ソニー入社。オーディオ、ビデオ事業を担当後、宣伝担当役員。95年に社長兼COO。2000年会長兼CEO。05年に退任、06年にクオンタムリープを設立。(撮影:今井康一)

企業は生命体だ。年を取れば俊敏さがなくなり、停滞する。それはソニーも例外ではなかった。2003年、世界経済の荒波にのまれ、いわゆる「ソニーショック」と呼ばれるピンチを経験した。

当時の世界ではモノから情報への価値の大転換が起こっていた。ここで立ち現れてきたのが、米国のグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなど、巨大な「プラットフォーマー」たちだ。彼らは自らはものづくりをせず、利用者から集めたビッグデータを武器にデジタル時代の覇権を握っていった。

情報機器は電話とテレビから、パソコン(PC)へと変わり、さらに05年ごろから登場したスマートフォンは大きな衝撃だった。スマホ1台の中に、あらゆる機器が取り込まれていったからだ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP