私は宗教というものがわかっていない。それは「祈る」という行為が、いまだによく理解できていないからである。

特殊部隊を辞めて、3年間住んでいたフィリピンのミンダナオ島で、こんなやり取りを現地に住む人たちと何度もした。

「ところで、君たちにとっての祈りって、何だ?」

「日本人は、祈らないのか?」

「違う。これは俺自身の問いだ。俺も祈ることはあるが、君たちの祈りとはだいぶ違うようなんだ」

「私たちの祈りの意味か。それは……」

ミンダナオ島は、キリスト教圏とイスラム教圏の境界線上にある。それゆえに紛争が絶えないが、それぞれの宗教の敬虔な信者と会うことならいくらでもできた。

だから、私は教会にも行ったし、モスクにも行った。海外で宗教の何たるかを理解していない者がその話題に触れると、意図せず無礼な発言をする可能性があるので、避けるべきだと言う人もいた。そんなことはお構いなしに、自分から機会を作って多くの人に、その人にとって「祈る」とはどういうことなのかを質問した。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP