(SoutaBank / PIXTA)

いま大きな病気を患っていない人も年に一度は病院に行く機会があるだろう。医療費の節約は「ちりも積もれば山となる」だ。使える制度や診療報酬の仕組みを知らないと後悔することもある。

損をしないために、これだけは押さえておきたい10の鉄則を解説する。

1. 領収証は必ず保管 医療費控除で節税

医療費の節約法として誰でも使える可能性があるのが「医療費控除」だ。1年間にかかった医療費分を確定申告によって節税できる。適用されるのは、年間10万円超の医療費がかかった場合だ。

「そんなに医療費はかかっていない」と思っている人でも、本人だけでなく両親や子どもなど家族の医療費を合算すればまとまった額になるだろう。

控除の対象と認められる医療費は幅広い。公的保険の適用されない市販薬や通院のための交通費、歯の矯正、レーシック手術、松葉杖や補聴器の購入費、おむつ代なども対象になる。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP