前中計が未達だった理由について、宮永社長は「想定外の事態があった」と釈明した(撮影:尾形文繁)

「成長投資を続けるには、5兆円の売り上げ規模がないときつい」。5月8日、2021年3月期を最終年度とする3カ年の中期経営計画の発表会見で、三菱重工業の宮永俊一社長は、売上高5兆円の旗を下ろさないのかを問われて、そう答えた。

5兆円という数字は、前中計(16年3月期〜18年3月期)の目標そのもの。だが、三菱重工の売上高は4兆円前後で足踏み。最終年度の18年3月期も4.1兆円と、遠く及ばなかった。

ただ、前回の5兆円と今回の5兆円は中身が異なる。というのも、新中計には4000億円のM&A(企業の買収・合併)の計画を織り込んでいるのだ。宮永社長は具体的な業種や社名については言及を避けたが、これまで手掛けたことがない事業領域での相手先を、北米で物色中なのだという。