豊田章男社長は、「トヨタらしさを取り戻す戦い」とまで述べて、原価低減の重要性を訴えた(撮影:梅谷秀司)

トヨタ自動車の業績回復が鮮明だ。5月9日に発表した2018年3月期連結決算は、売上高が前期比6.5%増の29兆3795億円、営業利益が同20.3%増の2兆3998億円だった。純利益は米国の大型法人減税の影響も加わり、2兆4939億円と過去最高を記録した。

期初計画では、18年ぶりとなる2期連続の営業減益を予想していたが、一転して期中で3度も上方修正を重ね、さらに直近予想をも大きく上回って着地した。グループの販売台数は過去最多の1044万台に拡大。円安の追い風もあったが、原価低減努力によるコスト削減が計画より倍近く積み上がった効果が出た。

同日会見した豊田章男社長は「たゆまぬ改善というトヨタらしさが表れ始めた決算」と総括したが、そこに笑顔はなかった。