「お買い上げありがとうございます。お支払いは◯番の精算機でお願いします」──。ここはサミット西永福店(東京・杉並区)。首都圏で食品スーパーなど157店を展開するサミットは今年3月、全店の全レジをセミセルフレジに変更した。

セミセルフレジとは、購入商品のスキャン(商品情報の読み取り)を店員が行った後、客が指定された番号の機械で代金を精算する仕組みだ。店員が商品代金や釣り銭の受け渡し作業をしなくても済むため、より少ない人数でレジを回せる。レジの作業効率が高まり、客にとっても待ち時間が短くなるメリットがある。「日本の大手スーパーで全店、全レジに導入したのはおそらく当社が初めて。他社からはかなり驚かれた」(サミット情報システム部の長尾建氏)。

試行錯誤を経て、サミットは商品のスキャンとおカネのやり取りを分けるセミセルフレジを全店に導入した

実はサミットは10年ほど前、もっと先進的な完全セルフレジを3店舗で実験的に導入したことがある。客が商品のスキャンから精算まですべてを自分で行う方式だ。だが、約1年半かけて実験した末、導入は断念した。