あなたの子どもたちの何千枚もの写真を分析し、携帯電話を盗聴器として活用し、その情報をフォーチュン500(米『フォーチュン』誌が毎年発表する世界の企業番付)企業に売り付けるソーシャルメディア企業──。フェイスブックのビジネスをそう断じるのは、米ニューヨーク大学スターンスクールのスコット・ギャロウェイ教授だ。

ギャロウェイ氏は、フェイスブック、グーグル、アマゾン、アップルのIT系4社を論じた『The Four』を昨年10月に刊行した。22カ国で翻訳が予定されている、世界が注目する書だ。巨大化したIT企業の存在について警鐘を鳴らし、最近は「フェイスブック解体論」も提唱している。

Scott Galloway●1992年米カリフォルニア大学バークリー校でMBA(経営学修士)取得。複数の起業を経験後、2002年から現職。ブランド戦略とデジタルマーケティングが専門。
写真右:世界22カ国で翻訳予定の話題の書『The Four: The Hidden DNA of Amazon, Apple, Facebook, and Google』(Scott Galloway  著)。 2018年夏に小社から日本語版が刊行予定(価格未定)

──フェイスブックの情報流出問題をどう見ていますか?

フェイスブックについて知っておかなければいけないことがある。フェイスブックはキリスト教徒よりも人数の多いコミュニティを持っている。彼らは、22億人ものユーザーを外部の攻撃から守る義務を背負っている。

しかし、英ケンブリッジ・アナリティカ社のデータ不正利用によって、フェイスブックからユーザーの情報が流出していたことが発覚した。さらにその情報が(世界各地で)選挙工作に利用されていた。これは現代のビジネス史上における最悪の出来事だ。