「Enemy? Not enemy, That's a competitor, right?(敵? 敵ではなくてライバルだろ?)」

「No! They are enemies! because...(違う! 彼らは敵同士なんだ。なぜなら……)」

これは、私がお世話になっている会社に海外から都市開発に携わる役人が来て、私と彼とで日本の入札システムの利点や欠点について話をした際のやり取りである。

私の経歴を知っているインドからの来客は、私がライバル会社同士の関係を「enemy(敵)」と呼んだものだから、特殊部隊員としての癖が抜けずにいるのだろうと思い、通常は「competitor(ライバル)」と呼ぶのだと指摘してきたのだ。

職業として通訳をしているような人であれば、彼の言うように訳すのだと思う。しかし、私は通訳としてその会議に参加していたわけではないし、自分なりの解釈で単語を選んだ。私は英語をちゃんと勉強したわけではなく、言語は“音波”の一種くらいにしか思っていない。ただ、考えなしに「enemy」という単語を使用したわけではなかった。