『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』の著者・新井紀子氏に、AIをめぐる世界の状況と読解力の重要性を聞いた。

あらい・のりこ●一橋大学法学部および米イリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院数学研究科単位取得退学。東京工業大学で博士号を取得。「教育のための科学研究所」代表理事・所長も務める。(撮影:今井康一)
AI vs. 教科書が読めない子どもたち
AIは意味を理解しない。だからこそ人の持つ読解力が重要だと説く。発行部数は20万部(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

──フランスのAIサミットから戻ったばかりですね。

3月下旬に世界のAIの専門家がパリに集まり、マクロン大統領と意見を交わしました。今回、フランスはAI分野への大規模な投資を発表しています。私が呼ばれたのは、日本でほかの方とは違う立ち位置だったからだと思います。

──その違いとは?

(第3次ブームで)日本国内では、米国や中国に負けずにAIへ投資すべきだという議論ばかりでした。そうした中、私はAIが及ぼす社会的な影響について強い関心を持っていました。

日本はものづくりの国で、多くの企業が消費者に対して製造物責任を負っています。そこで使うAIが、フェイスブックなど無償サービスを効率化するためのものと同じ精度でいいはずがありません。AIというものはどこまで信頼しうるツールなのか、という問題意識がありました。

しかし、AIができないことをグーグルなどの企業が公開するわけがない。だったら、「AIに何ができて、何ができないか」ということを明らかにするプロジェクトを産学連携でやろうと思ったのです。それが2011年に始めた「ロボットは東大に入れるか」(通称・東ロボ)というAIプロジェクトです。

──日本のAI戦略については?