愛知県豊橋市、静かな住宅街に大正モダン風の一軒家が立っている。太いはりと白いしっくいの壁、ステンドグラスに高い天井、洗練された調度……。建築雑誌のグラビアから抜け出たような建物が、「物語コーポレーション(物語コーポ)」の本社である。

この元高級フランス料理店の建物を買い取って、拠点とした21年前、物語コーポの店舗数は5、社員はわずか7人だった。それが今や売上高445億円、店舗数424(直営222、フランチャイズ192)、社員1163人に成長した(2017年6月時点)。浮き沈みの激しい外食産業界で、和食から焼き肉、ラーメン、しゃぶしゃぶ、お好み焼きと多様な業態を展開し、中国にも進出。今期は13期連続で増収増益(経常利益ベース)の見込みだ。

会長の小林佳雄(こばやし・よしお 69)は、母親が営む割烹(かっぽう)を継ぎ、一代で東証1部上場企業を作り上げた。立志伝中の人ではあるが、そろばん勘定に血眼の経営者ではない。言葉を大切にし、進むべき針路を示す。最近では珍しい「教祖タイプ」のリーダーである。

ファッションにもこだわりがある。店舗のデザインや雰囲気も独自のセンスで勝負する。東京・六本木の店舗で撮影(写真:尾形文繁)

小林は経営の根本理念に「物語的大家族主義」を掲げる。その真意は何か。小林が語った。

「人間、この世に生まれたからには自ら人生の筋書きを作り、『自分物語』の語り部でありたいですね。その物語を表現する『個』が集まれば、すてきな『会社物語』ができる。僕はバー街の中の家に生まれ、隣のお兄さん、お姉さんに肉親同然に接してもらった。家族的な愛情は一家庭の枠を超えて広がります。そんな個の関係がたくさんある会社にしたい。個の尊厳は組織の尊厳より上なのです」

「個の尊厳」の重視は、たとえば週休2日制を徹底しているところにも表れている。ブラック企業が少なくない外食業界にあって、17年前に週休2日制を敷き、現在は月に9日、年間110日の休日を貫く。

他社から移ってきた中途採用の社員は「本当に休んでいいんですか」と目を丸くする。ほかの企業では、1人の正社員に2〜3店舗を担当させるが、物語コーポは直営店に2〜4人の正社員を置き、シフトを組んで休ませる。短期的な効率より労働環境を重んじる。100席以上の大型店が多く、高い収益を上げているから成り立つ仕組みだ。

小林は、字面だけ追えば「甘い」「きれい事」と批判されそうな理念を、あえて説き続け人を動かしてきた。抜群のマーケティング感覚と勝負勘が説得力を裏付ける。