習近平は毛沢東やトウ小平と比肩できるのか。写真は全人代期間に販売された中国歴代指導者のグッズ(ロイター/アフロ)

19大(中国共産党第19回全国代表大会)と全人代(全国人民代表大会)を政治の視点で総括すれば、そのキーワードは「習近平による偉業の確認」「権力集中と側近政治」、そして「政治の左傾化」となるのだろう。

1日800人を超える党員の処分を断行した反腐敗運動のほか、難攻不落の国有企業に改革のメスを入れ、軍の聖域にも踏み込んだこの5年間の功績は、確かに非凡といえる。

シンクタンクに所属するある中国の研究者は、「19大後の指導部メンバーを見て感じた身内びいきは、全人代の権力の固定化・長期化の動きと相まって、晩年の毛沢東の万能な権力による弊害を人々にイメージさせました」と話す。

だが、習近平は毛沢東やトウ小平と肩を並べたといえるのだろうか。党規約を書き換えることは容易だが、人々にそれを認めさせるのは簡単ではない。

では、どんな功績を残せば二人に比肩することができるのか。