「悪い政府にとって最も危険な時期とは改革を始めたときである」と、19世紀フランスの政治家で歴史家のトクヴィルは言った。フランス国王ルイ16世が典型例だ。財政再建の必要に迫られ、急ぎ足で改革を進めたことから革命を招き、処刑された。1980年代のソビエト連邦では共産党書記長に就任したゴルバチョフ氏が改革を進めようとしたが、91年の末までにソ連は崩壊。ゴルバチョフ氏は権力の座を追われた。同様のことが今、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(32。MBSと呼ばれることが多い)に起きようとしている。

サウジの政情は長きにわたって、比較的安定した状態に保たれてきた。巨額のオイルマネーを国民にバラまく一方で、原理主義的なイスラム教ワッハーブ派の厳格な教義を国民に強要するという、アメとムチが功を奏してきたからだ。

だがここに来て、将来を憂慮せねばならない事態となっている。大規模民主化運動「アラブの春」によってチュニジア、エジプト、リビア、イエメンの長期政権が崩壊したのに続いて、石油価格が急落したからである。これが何を意味しているかを悟ったムハンマド氏は、昨年6月に王位継承順位第1位の皇太子に昇格するや、矢継ぎ早に改革を打ち出してきた。