フェイクニュースが社会問題となる今、ファクトチェックを専門に行う団体の重要性が増している(AP/アフロ)

「ボウリングのボールを20フィート(約6メートル)上から米国車に落とし、車体がほんの少しでもへこんだら、検査では失格だ」

日本が米国車の輸入に際して行う検査についてトランプ大統領は、米ミズーリ州で3月に開かれた政治資金パーティの場で、支持者らにこのように説明した。

この内容を報じられると、ホワイトハウスの報道官は「ジョークだった」と言い訳をしたが、「これをジョークで終わらせるのは普通ならありえない」(公共放送NPRのデスク)ことだ。

トランプ大統領は事実と異なる発言や、確認できないものの事実とは思えない発言が多い。自らに批判的なニュースを「フェイク(偽)ニュース」として批判する一方、自身がフェイクニュースの発信者ともなっているわけだ。

たとえばトランプ大統領は、「日本車の対米輸出には関税がかからないが、米国車の対日輸出には高い関税が課されている」と繰り返し発言している。正しくは、日本車の対米輸出に2.5%の関税が課せられているのに対し、米国車の対日輸出にかかる関税はゼロだ。