長野県の蓼科高原といえば、50代以上の人にとっては青春時代の香りが漂う、ノスタルジーを覚える街ではないだろうか。

1970年代から90年代初めにかけて、蓼科は高原リゾートの象徴だった。関東地方の大学生の多くが、夏はテニス、冬はスキーなどのスポーツを楽しむために訪れ、運動部やサークルの合宿の多くも蓼科で開催された。

蓼科の観光客数は95年には年間200万人を超えていた。ところが、その後は急速に観光客の足が遠のき、2017年には年間150万人と、約20年間で25%もの大幅な減少に見舞われた。

かつては箱根、日光、軽井沢と並び、首都圏の4大リゾートの一つにも挙げられた蓼科。ところが、今やこの四つの中で蓼科だけが観光客を多く失っている。その原因は何だろうか。