金融庁は空室・賃料低下などリスクの評価や借り手への説明を求めている

「あれだけ熱心だったところがあっという間に引いている。驚くほどだ」。投資用のアパート・マンション融資を主軸にするオリックス銀行の真保雅人・役員補佐は打ち明ける。

かつてサラリーマン大家向けアパマン融資を手掛ける金融機関として名前が挙がったのは、スルガ銀行やオリックス銀行ぐらいだった。だがアベノミクスによる異次元緩和導入以降、この分野に参入する金融機関が続いた。

しかし、昨年中頃から地方銀行や信用金庫の姿勢が慎重になったとの声が聞こえるようになった。あるベテラン投資家も「付き合いのある金融機関が融資を渋るようになった」とこぼす。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP