こども宅食と周囲にわからないように配送

本当に困っている子どもたちを支援したい──。子どものいる貧困家庭に直接、食品を届ける試みを行っているのが東京都文京区だ。就学援助や児童扶養手当を受給している1000世帯の希望者を対象に、寄付やフードバンクで集めた食料を無償で2カ月に1回配る。自宅に届けた際に今の状況を確認したり、困り事を聞いたりするアウトリーチも目的の1つだ。

財源はふるさと納税で、文京区とNPO法人や財団など5団体が協働で事業を行っている。初年度は150世帯の枠を設けていたが、想定を上回る458世帯が申し込んできたため抽選となった。2年目の2018年度は600世帯に配送する仕組みを整えた。

子ども食堂の課題を克服