後期開発パイプラインが不足する武田薬品工業。先細りに備え、大型買収の検討を始めた(撮影:今井康一)

3月28日、国内製薬最大手の武田薬品工業が度肝を抜く賭けに出ようとしていることが判明した。欧州の同業大手シャイアーの買収だ。同社の時価総額は約4.9兆円、完全買収なら、買収額5兆円は下らない。

武田の売上高は約1.7兆円、シャイアーは同1.6兆円。単純合算すれば世界9位、日本初のメガファーマが誕生することになる。

シャイアーは1986年に英国で創業し、現在はアイルランドに本社を置く。2016年に米バクスアルタを3.2兆円で買収。希少疾患などに加え、難治性の血友病といったがん治療薬や中枢神経系に強みを持つ。武田が注力する、がんや中枢神経系などの製品領域や米国市場を強化でき、買収のメリットは大きい。

武田は買収観測報道が出た同日夜に声明を発表。買収の検討は初期・調査段階で取締役会への提案はしていないとしつつも、「何らかの提案を行うことを検討している」と表明した。