日本人にとってはありふれたものでも、外国人にとっては特別に感じられる景色がある。

山梨県富士吉田市に「下吉田」という駅がある。富士急行大月線の駅だ。電車は1時間に1~2本普通列車が停車するだけ。住民の高齢化などの理由で駅前商店街は事実上「シャッター通り」と化しており、かつては地方によくあるひなびた駅の一つだった。そんな下吉田に今、タイ人観光客が押し寄せているのだ。

彼らの目当ては、駅から徒歩20分ほどの所にある新倉山浅間公園。新倉山は地元ではアヤメの群生地として知られていた。ただ、タイ人はアヤメを見るために訪れているわけではない。彼らが下吉田に押し寄せるきっかけとなったのは、ある旅行中のカップルのSNS投稿写真だった。

新倉山浅間公園に入園すると、約400段の階段が待ち構える。そこを辛抱強く上り詰めると目に入るのが、朱色に塗られた20メートルほどの高さの五重塔「忠霊塔」だ。さらにその背景に広がるのが、雄大な富士山の景色なのである。

忠霊塔は五重塔といっても、1962年に造られた鉄筋コンクリート造の建物。太平洋戦争の戦没者の慰霊を目的に建築されたものだが、重要文化財のような特別な歴史的価値がある建築物ではない。日本人にとっては全国各地で見られる、よくある景色の一つにすぎないといえよう。