北京の人民大会堂で握手する習近平国家主席(右)と金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=時事)

読者の多くは「Japan Bashing」(日本たたき)や「Japan Passing」(日本素通り)を覚えているに違いない。日米関係を表現する言葉である。ほぼ20年前のことなので、若い読者はご存じだろうか。

1998年6月25日、ビル・クリントン米大統領は中国の西安を訪れた。その後、北京で当時の江沢民国家主席との首脳会談、さらに上海、桂林訪問などで9日間も滞在したにもかかわらず、同盟国の日本に立ち寄らなかったのだ。クリントン氏の「ジャパン・パッシング」には当然、理由があった。

80年代末から90年代初頭にかけての日米関係は、まさに現在の米中のように「貿易戦争」の真っただ中だった。

対日貿易赤字に悩むブッシュ(父)政権の通商代表部(USTR)は貿易不均衡の是正を掲げ、市場開放や対米自動車輸出規制などを強く求めた。こうした中で、両国は日米構造協議(SII)をスタートさせたが、米側は、当時の日本市場の閉鎖性(関税障壁)は日本独特の「政・官・業癒着のトライアングル」に起因すると、異例の批判を繰り広げた。

首都ワシントンのキャピトル・ヒル(米議会)前で、日本車の対米大量輸出に抗議する全米自動車労働組合(UAW)の労働者がハンマーで日本車をたたき壊すシーンが連日、テレビニュースで放映された。それが、「ジャパン・バッシング」だ。