おせっかいビジネスの原風景

「子どもの頃からとにかく友達が多く、わが家には毎日のように人が集まっていました」

目を細めつつそう語るのは、トレーニングジム大手RIZAP(ライザップ)グループの創業社長、瀬戸健(39)の母・和子である。

ライザップは「結果にコミットする」という斬新な方針で、ダイエットを皮切りに英会話などへ事業を多角化し、今やグループ売上高1500億円を誇る新興企業の代表格。同社を率いる健は1978年、福岡県北九州市で、手作りパンの店を営む父・誠、和子の末っ子として生まれた。7歳上に兄、5歳上に姉がいる。

父と母は健の子ども時代、午前3時に起き、夜9時までほとんど休みなく働いていた。父は、人工添加物や化学調味料などをいっさい使わないパン作りにこだわった。職人気質を漂わせる父が言う。

「店には小学生が買いに来てくれたし、幼稚園や福祉施設にもパンを納めていた。子どもやお年寄りの健康を考えたら、なるべく自然な材料でパンを作りたかった」

この昔からの健康に対する徹底したこだわりが、健の将来の起業のヒントになった。