日本の人口は100年後(2115年)に5055万人まで減少すると予測されている。100年前の1918年の人口は5473万人。つまり100年かかって1.2億人に増え、100年かけて同程度まで戻っていく…