David Atkinson●1965年英国生まれ。ゴールドマン・サックス証券などを経て、2009年小西美術工藝社入社。14年から現職。裏千家の茶名「宗真」を持つ。(撮影:今井康一)

日本人は「少子高齢化」が問題だというが、高齢化は結果論にすぎない。2060年まで高齢者の数はほとんど減らないのに、それを支える若い人たちがいなくなっている。生産年齢人口が激減していくことが本質的な問題だ。

国の推計によれば15年から60年までに3264万人の人口が減る。これは世界第5位の経済大国である英国の生産年齢人口全部というほどのインパクトだ。一つの国家がなくなるような事態に、量的緩和や働き方改革など、日本政府は微調整の対策をしているだけ。まったく危機感がない。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP