森友学園への国有地売却に関する決裁文書の改ざん問題で、内閣支持率が急落している。安倍晋三首相の改ざんを指示していないという発言は事実だろう。が、指示していないから免罪されるという話ではない。国民はもっと別のことに嫌悪感を抱いている。

国民が嫌悪しているのは、安倍政権が生んだ空気と風土である。森友学園は国から土地を格安で譲られた。取引は首相に忖度(そんたく)した、非常にアンフェアなものに見える。国民はそうした不公正を許している内閣に不信感を覚えている。