イラスト:河南好美

人口減少は、右肩上がりで伸び続けてきた住宅市場を直撃しそうだ。

野村総合研究所が2017年6月に公表した試算によると、13年時点で820万戸、13.5%だった空き家数と空き家率は、このままだと33年に2166万戸、30%を超える。

空き家率は住宅のストックと新設住宅の供給数、除却数と世帯数で決まる。空き家300万戸を取り壊し、20年以降に総量規制で住宅ストックを増加させなければ、33年時点の空き家率は20%を下回る見通しだという。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP