「100年に一度」の再開発が進む  ─渋谷駅周辺の再開発完成予想図─(提供:渋谷駅前エリアマネジメント協議会)

高層ビルの建設ラッシュに沸く渋谷駅周辺。東京急行電鉄らが主導する再開発事業が2027年度まで続く。今秋には「渋谷ストリーム」、19年度には再開発のシンボルとして渋谷駅直結で地上47階建ての「渋谷スクランブルスクエア東棟」が開業予定だ(上図)。

プロジェクトを陰で支えるのが、東急グループの東急建設だ。東急電鉄が手掛ける主要な渋谷再開発工事を一手に担う。17年3月期の売上高は約2400億円と中堅だが、渋谷再開発ではJV(共同企業体)のサブにスーパーゼネコンを従えるなど、無類の存在感を発揮する。

鉄道各社の多くは、駅舎やホームドアの工事、線路の保守管理など豊富な案件を抱え、グループ内にゼネコンを持つ。親会社からの鉄道工事の受注に専念する会社が少なくない中、東急建設はマンションやトンネルなど一般の工事も積極的に受注。リニア中央新幹線といった他社案件の受注にも攻勢をかける。