ボーイング737MAX。月産50機超でも、供給が追いつかない (c)BOEING

東レが柱の炭素繊維複合材料事業で大型買収に動いた。蘭テンカーテ・アドバンスト・コンポジット社(TCAC)の全株式を2018年後半に取得し、傘下に収める。負債の肩代わりを含む総費用は1230億円で、東レとしては過去最大の買収案件だ。

TCACは樹脂に精通した複合材料メーカー。東レなどから調達した炭素繊維に樹脂を混ぜて複合材料(炭素繊維強化プラスチック=CFRP)にし、部品メーカーなどへ納めている。18年の売上高見通しは2.1億ユーロ(約270億円)と、規模はまだ小さい。

東レは炭素繊維の世界最大手。自社繊維を使った複合材料も自社で手掛け、16年度の事業売上高は1616億円に上る。米ボーイングの中大型旅客機の主翼・胴体用CFRPは、東レが一手に担う。

その東レがなぜ巨費を投じ、欧州の小さな会社を買おうというのか。背景にあるのは、市場の急速な変化に対する強い危機感だ。

先端軽量素材のCFRPは、これまで熱で硬化する「熱硬化性」の樹脂を用いるのが常識だった。部品メーカーはこれを専用の窯で焼き固めて部品に成形する。