2019年度をメドに、バニラの航空機はすべて“ピーチ”色に染められる(撮影:尾形文繁)

アジアのLCC(格安航空会社)競争が、新たな時代に突入した。

ANAホールディングス(HD)は3月22日、傘下のLCCで関西国際空港を拠点とするピーチ・アビエーションと、成田空港拠点のバニラエアを2019年度末までに統合すると発表した。ブランドはピーチに一本化する。

「昨年ANAHDがピーチを子会社化してから、統合に関する協議は継続して行われていた」と、事情に詳しい関係者は明かす。片野坂真哉・ANAHD社長は昨年2月の子会社化の発表会見で、「しばらくは2社が切磋琢磨したほうが面白い」と述べる一方、「(両社の統合は)今後考えるべきテーマではある」と語っていた。それからわずか1年で統合構想がまとまった。

背景には競争の激化がある。小型機の多頻度運航で利益を出すLCCの多くは、航続距離の関係で片道4時間程度の短距離路線を展開する。だがここ数年、アジア各国でLCCの新規参入が相次ぎ、価格競争が激しくなってきた。