久美子社長は18年度黒字化を目指すと強調する(撮影:今井康一)

3月14日、大塚家具のイベントが開かれた。昨年11月、資本業務提携をした貸会議室運営・ティーケーピー(TKP)と共同で新宿ショールームの8階を改装、新たにイベントホールに模様替えした。出席した大塚久美子社長は、真珠のネックレスに水色のコートという春らしい装いとは対照的に、どこか疲れた表情を浮かべていた。

無理もない。同社が2月8日に発表した2017年度決算では、過去最大となる51億円の営業赤字を計上。3月26日には定時株主総会が開かれる。父・勝久氏との経営権をめぐる委任状争奪戦から3年が経ったが、業績悪化に歯止めがかからない。久美子社長の経営責任を問う声が上がるのは必至だ。

特に深刻視されるのが、資金繰りの問題だ。現預金は、3年前の115億円から17年末には18億円まで減少。有価証券も切り売りを続け、3年前の71億円から27億円にまで減った。赤字が続いていることで、16年度からは決算書に継続企業の前提に重要事象がある、との記載もついている。