スイートのベッドメーキングはサロンケバヤを着たCAが2人がかりで5分ほどかかった

機内でダブルベッド。シンガポール航空が2007年に導入してから11年になるが、なかなか乗る機会がなく、18年1月、ようやく実現した。

このダブルベッドはシンガポール航空のエアバスA380のスイートクラス(ファーストクラスよりもさらに上のカテゴリー)を2人で利用する場合に使える。中央部の2席の間にある仕切りを取り払うと2人用の個室となるのだ。

このスイートクラスのダブルベッドを利用するのは難しい。まず、日本路線には導入されていない(ピーク時のみ関西─シンガポール間で使用されることがある)。

日本人にとって使いやすいのはシンガポール─香港間だが、片道1人23万円以上と手が出ない。

だが、同航空のマイレージプログラムのクリスフライヤーでマイルをためていたので、1人3万7500マイルで妻と2人分、この区間の航空券を発券できた。

ベッドサイドにシャンパン