副業解禁は、いつか起業をと虎視眈々と狙っている若手社員にとり朗報だ。貴殿の前に座っている若手も、就業規則改定を待ちわびているかもしれない。収入格差拡大を懸念する向きもあるが、やる気のある若手が働ける時期にあらゆる可能性を試さずにいては、日本はグローバルレベルの生産性から取り残されるばかりである。

副業が解禁されると、若手には一歩足を踏み入れた隣の芝生は青く見えるだろう。そうなると残業を禁じられ、それでも人員増は見込めず、達成すべき目標は高く悶々とせざるをえない本業と、副業との(気持ちのうえでの)反転が早々に起きても不思議はない。

では貴社の社員は今、何に時間を消耗し、疲労困憊(こんぱい)しているのか。業務のオーバーフローの一因は、解釈に柔軟性のある「揺らぎ文書」文化の踏襲ではないだろうかと考える。