森友学園をめぐる決裁文書を改ざんしていた財務省。その動機や改ざんを誰が命じたのかなど不明な点は多い。元官僚の古賀茂明氏に聞いた。

こが・しげあき●1955年生まれ。東大法卒。元経産官僚で内閣審議官として公務員制度改革にも携わる。2011年に退官。政官のあり方を厳しく問う著作多数。近著に『国家の共謀』。

──首相夫人の安倍昭恵氏や政治家に関連する記述が決裁文書から削除されていました。今回の決裁文書のように関係する人物の言動を細かく記述するものですか?

普通は書かない。長期間、保管される公文書には、今回問題となっているようなことは記述しない。通常ならば正式な文書でなく担当者の私的なメモ扱いにして表に出ないようにするだろう。首相夫人や政治家の介入があったと読めるような記述は避けようとする。ところが近畿財務局の担当者は決裁文書に事細かに記述していた。これは推測だが、現場レベルでは非常におかしいという意識があり、さまざまな圧力の証拠として記録に残そうとしたのではないか。

──近畿財務局には局長以下、キャリア(旧国家1種)の職員がいます。その職員たちも決裁文書をいったんは承認しています。