こうじ・あきよし●1951年生まれ。75年にアサヒビール入社。人事戦略部長などを経て、2011年に同社社長に就任。16年3月から現職。18年3月にCEO就任予定。(撮影:今井康一)

販売量より収益性を重視 柑橘系ビールで市場開拓

ボリュームにはこだわっていない。事業会社であるアサヒビールの平野伸一社長にも気にしなくていいと言っている。重要なのは収益性。縮小市場で1億箱の出荷を死守しようとすれば、多額の販促費用がかかる。そんな無謀なことをする必要はない。

今後は業務用の瓶や居酒屋向けの樽に比べ、採算がよい家庭向けの缶を強化できるかが重要だ。そのためには、「スーパードライ」のブランド力の向上が欠かせない。昨年5月には、取り込めていなかった若年層に照準を定め、スーパードライの派生品「瞬冷辛口」を期間限定で発売した。売れ行きが好調だったのを受け、今年の3月に通年商品として再発売した。

われわれの商売は嗜好品ビジネス。日本のビールは各社どれもおいしい。その中で販売量に差がつくのは、付加価値の提案ができるかどうかが大きい。瞬冷辛口は、飲食店でしか味わえない冷涼感やのどごしを家庭で再現するコンセプトで発売した。こうした特長を打ち出していく必要がある。