かとう・かつのぶ●1955年生まれ。79年東大経済学部卒、大蔵省(現財務省)入省。2003年から衆議院議員。17年8月から現職。(撮影:尾形文繁)

働く人が長期に安心して働ける社会を政府は目指している。

4月から本格的に申し込みが始まる「無期転換ルール」も、働く方が安心して働き続けることを可能とする、働く人のための制度だと認識している。企業もこのルールへの対応に前向きで、私たちが行った、2016年10月1日時点の状況を確認する調査では、6割以上の企業が何らかの形で無期契約にしていくと回答した。うち2割は、通算契約期間が5年を超える前に無期に切り替えていくと回答し、法律を上回る意欲を見せている企業もある。