韓国特使団の前で南北首脳会談の開催を確約した金正恩委員長。北朝鮮主導の情勢は続く(共同通信/朝鮮中央通信)

朝鮮半島情勢が大きく変わろうとしている。4月末に南北首脳会談、5月までに米朝首脳会談が行われる。これまで圧力一辺倒だった対北朝鮮政策が、根本的に変わりそうだ。

3月5日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は、訪朝した韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領の特使団と南北首脳会談の実施に合意した。実現すれば、2000年6月、07年10月に続き3度目の南北首脳会談となる。

核実験とミサイル発射を繰り返してきた北朝鮮が対話攻勢に転じたことは、さまざまな憶測を呼んでいる。米国主導による経済制裁が効き苦境を脱するため、あるいは核・ミサイル開発をさらに進める時間を稼ぐためといった指摘がある。

そうした側面もなくはないが、首脳会談の合意は、金委員長の計画に沿ったものと見るほうが正解に近い。その理由は、今年発表された新年の辞にある。「核武力の完成」と「戦略国家」の二つがキーワードだ。

北朝鮮主導で進む