しばらく前になる。本誌1月20日号が、高島正憲『経済成長の日本史』(名古屋大学出版会)の紹介批評を掲載した。筆者もやや畑違いながら、熟読玩味した歴史書である。

GDPの長期推計というのは、経済史の学界で近年、流行りの分析手法である。本書はいわば日本史の文脈で、それをつきつめた研究成果にほかならない。わが国の長期的な経済動向が、ごく一般的な経済指標のGDPでわかりやすく追跡できるところから、注目を集めている。何しろ奈良時代から19世紀・近代まで、千年あまりが一望できるとあっては、話題になるのも無理はない。

本誌の書評も、「印象的なのは、わが国は大きな負の経済変動を経験しなかったという推計結果だ」と、本書の日本経済史像を高く評価した。たしかに日本人の過去に対するイメージを一変させる可能性をもっており、筆者も大いに勉強になった。

「国際比較」の真偽