一品ごとに異なる調理法を施したサラダ。台北の西洋料理はパリや東京と遜色がない

台湾はB級グルメのメッカだといわれる。ガイドブックを開けば、屋台料理や小籠包、魯肉飯(ルーローハン)、マンゴーアイスなどがこれでもかと紹介されている。一方、高級な中国料理は通り一遍の紹介しかされていない。まして西洋料理は、日本人旅行者に見向きもされていなかったのではないだろうか。

だが近年、台北を中心に、西洋料理の面白い店が次々とオープンしている。3月14日に『ミシュランガイド台北』が発表されたのも、こうした台湾のトレンドに沿ったものといえそうだ。

今年1月、あえて西洋料理だけを食べるため、台北に向かった。

3軒のレストランを巡る