4月1日から始まる「無期転換ルール」とは何か。企業はどう対応するべきか。制度の基礎知識と最低限の備えについて、無期転換ルールに詳しい高仲幸雄弁護士に解説してもらった。

イラスト:シライカズアキ

Q1. 無期転換ルールとは何ですか? 正社員登用との違いは

「無期転換ルール」とは、労働契約法18条により、(1)同一の企業(使用者)との間で、(2)有期労働契約期間が通算5年を超えて繰り返し更新された場合は、(3)有期契約社員側の申し込みによって、(4)無期労働契約に転換する。(5)転換時期は申込時の有期労働契約が終了する日の翌日、という制度である。無期転換ルールによって無期労働契約に転換した場合の労働条件は、就業規則などの「別段の定め」がないかぎりは無期転換前と同じである(同条1項)。

他方、「正社員登用」とは企業が任意に非正社員を正社員に登用(採用)する制度であり、同制度の内容(登用の要件や登用後の待遇)は企業ごとに異なる。

Q2. 無期転換させたくないが、うまい対策(裏ワザ)はありますか