4月1日付での辞任を発表した川崎会長兼社長(左)。顧問として残るかは「未定」という(撮影:梅谷秀司)

失墜したコベルコブランドへの信頼は取り戻せるのか──。

神戸製鋼所は6日、品質改ざん問題に関し、外部調査委員会の調査を基にした原因分析と再発防止策の報告書を発表した。同時に、川崎博也会長兼社長とアルミ・銅部門長の金子明副社長の辞任も明らかにした。

川崎氏は「創業112年。会社の信頼を失ったのは痛恨の極み。お客様に多大なご迷惑をおかけした責任は重い」と謝罪。後継は近く取締役会で決める。

今回の報告書では、公表済みの525社に加えて新たに163社(一部重複)への不正製品納入が判明した。また、遅くとも1970年代から不正が存在。品質データを改ざんして出荷する行為を「トクサイ」(=特別採用)と呼んでいたことも確認された。本来トクサイは契約仕様から外れた製品を顧客の了承を得て出荷することだが、一部工場では歪曲されていた。