アラカルトの「蒜香梅子蒸鰻魚球」。ウナギの揚げ物とニンニクの組み合わせが秀逸な一品

中学生の頃、日本各地を青春18きっぷで巡った。そんな時に重宝したのが駅前食堂だ。

山陰本線の長距離列車では、停車時間が40分以上のところもあり、駅前食堂でカレーライスを食べて戻ってきたこともあった。

海外に弾丸旅行するようになった現在も、駅近くのレストランの世話になることがままある。

2018年の年始、シンガポールから羽田に向かう途中、香港で約6時間の乗り継ぎ時間があったので、市内で昼食を取ることにした。移動時間を考慮すると高速鉄道のエアポートエクスプレスの利用は必須である。となると、中環にある香港駅の近くが便利だ。

香港の空港アクセスは世界最高水準にある。税関を過ぎ、直進すると、そのままエアポートエクスプレスのホームに突き当たる。香港駅までは24分だ。