旧阪急ブレーブスの球場跡地に設立された西宮北口の「阪急西宮ガーデンズ」(LOCO / PIXTA)

複数の住宅雑誌が実施する「住みたい街ランキング」においてここ数年間、関西圏でトップの常連となっている街がある。西宮北口、通称「ニシキタ」だ。

実際には西宮北口という町名が存在するわけではない。阪急電鉄の神戸線と今津線が交差するターミナル駅の名称が西宮北口だ。

阪急電鉄の調査によれば、西宮北口駅の1日当たりの乗降人員は9万9441人(2016年)。これは阪急沿線では梅田、神戸三宮に次ぐ3番目の規模である。

特長の一つは、大阪の中心地である梅田や、おしゃれタウンの神戸三宮、芸術の都の宝塚に行きやすいという交通の利便性。実際、阪急神戸線で梅田駅まで13分、神戸三宮まで14分の距離。西宮北口駅から北側に延びる通称「今津北線」に乗れば宝塚へも14分で向かうことができる。また南側に延びる「今津南線」に乗り、今津駅で阪神電鉄に乗り換えれば、甲子園球場にも通いやすいという絶好のロケーションにある。

神奈川・武蔵小杉駅との違い