イラスト:熊野友紀子

個人が企業へ事業資金を貸し付け、利子を受け取る。そんな取引を可能にしたサービスがソーシャルレンディングだ。ここ数年で運営事業者が増え、2017年の市場規模は前年比2.5倍の1316億円に膨らんだ(ソーシャルレンディングの比較サイトを運営するクラウドポート調べ)。

仕組みはこうだ。個人投資家がソーシャルレンディング事業者の提示する投資案件を選び、事業者は案件の借り手に融資する。実際に出資を募集する会社と融資業務を行う会社は別だが、同一のグループ会社である場合が多い。

個人投資家は1口数万円からの少額で投資でき、手数料を差し引いた平均利回りは年7〜8%とされる。融資期間は平均1年弱だ。40代の男性投資家は「10社以上の口座を開き分散投資している。多少の貸し倒れがあっても利益は上げられる」と語る。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP