イラスト:熊野友紀子

米国の株式市場には、ペニーストック(penny stock)という投資用語がある。1ドルに満たない株価で、信用不安などを理由に市場から見放された銘柄を意味する用語だ。日本でも株価が100円に近づいたら経営が怪しいとささやかれ、100円を切ったら「倒産株価」と言われることもある。

しかし、そのような常識を覆す企業も実は存在する。直近で倒産株価から立ち直ったのが、レカムリミックスポイントだ。

情報機器販売が主力のレカムは、LED照明販売を手掛ける子会社の中国上場計画が注目され、2017年末から株価が急上昇した(子会社の上場は現在も準備中)。同社の株価は18年1月に500円を超えたが、17年の最低株価はわずか55円だった。中古車査定システムを手掛けるリミックスポイントは、子会社が仮想通貨取引所を手掛けていることが評価され、株価は一時期1800円に到達した。ただ同社の場合、17年はじめの株価は100円台だった。

レカムはたびたび営業赤字を計上していたし、リミックスポイントは一時期事業継続に重要な疑義を生じさせる事象があった。ただこうした事例を見ていると、いわゆる「訳あり株」でも株価が急伸することは大いにありうる。

業態転換やリストラが 浮上のきっかけに

下表には、そんな「訳あり株」をまとめた。株価は100円前後で低迷しているが、復活の可能性を秘めている銘柄だ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP