株式投資の銘柄選定でいちばん大事なのは、その企業の今後の業績動向だ。事業の成長性が高く、業績の伸びが今後も続きそうな企業の中から、今の株価水準が割安な銘柄に投資するのが王道といえる。

そこで『会社四季報』(2018年2集春号)の最新予想データを基に、「成長持続企業ランキング」を作成した。経常利益が前期まで3期連続で増益、かつ今期と来期も増益が予想される企業(条件の詳細は注参照)を抽出し、来期予想増益率の高い順に掲載している。なお前提となる業績予想値は、取材に基づいた東洋経済の独自予想だ。

立ち食いステーキのペッパーFが高成長