シリア情勢の複雑さは世界が手に負えるようなレベルをはるかに超えている。事態は急速に変化し、利害関係者の数は増え続け、戦線は絶えず移動し、すべてが泥沼と化していく。

シリアの内戦に二つの流れがはっきりと見えていたのは、わずか6カ月前にすぎない。一つは、アサド政権がロシア、イラン、イスラム教シーア派武装組織ヒズボラの支援を受けて着々と勝利への道を歩んでいたこと。もう一つは、米軍主導の有志連合による掃討作戦を前に、過激派組織「イスラム国」(IS)の完敗が迫っていたことだ。しかし今となっては、IS掃討作戦はひいき目に見ても、犠牲が多すぎてとても勝利とはいえないような戦いだったように思える。多数の命を犠牲にしながら、紛争解決のメドはまるで立っていない。

それどころか、事態は緊迫の度合いを増している。2月10日には、イスラエルがシリア南部にあるイランの軍事施設を攻撃した。国内でクルド人の分離独立問題を抱えるトルコは、国境を挟んでクルド人同士が結び付くのを防ぐためにシリア北部のアフリンへ侵攻。クルド人勢力の掃討に着手した。