良品計画を赤字からV字復活へと導いた経営者が、30年の流通業界の盛衰を振り返る。

まつい・ただみつ●1949年生まれ。1973年東京教育大学(現・筑波大学)卒業、西友ストアー(現・西友)入社。91年良品計画出向、92年入社。2001年同社社長、08年会長。15年から名誉顧問。(撮影:大澤 誠)

ビジネス人生42年を流通一筋で過ごしたが、平成のいちばん大きな変化はGMS(総合スーパー)と百貨店のビジネスモデルが崩れたことだった。

1973年に私が西友に入社した頃は「西のダイエー、東の西友」といわれ、社内もわんわんと燃えていた。だが、大量仕入れやチェーンオペレーションといった事業モデルでGMSが伸びた時代は平成に入ると終わりを迎えた。

大量に仕入れても高くつくものが増え、魚も肉も野菜も安くならなくなる。セルフ販売も、GMS特有の仕組みではなくなった。そしてどんどんニーズが多様化し「個人の時代」になった。消費者の成熟化は、専門店化という方向に向かう。百貨店もビジネスモデルが崩れて苦しみ、立て直すことができず合併していった。三越と伊勢丹の統合が一つの象徴で、規模を大きくして経費を落とすしかない。