会見に臨む古屋一樹社長(左)。2018年度は制服を刷新し、健康を軸とした商品を打ち出す

「社会の公器、ライフラインとしてますます成長していきたい」。セブン-イレブン・ジャパンの古屋一樹社長はそう意気込んだ。

2月28日、セブンは国内店舗数が1月末に2万店を突破したことを受けて会見を開いた。従業員が店舗で着用する制服を10月に刷新するほか、2万店突破の記念商品を順次発売する。

2万店達成までの出店ペースは年々加速してきた。2003年に1万店を突破してから、1万5000店にたどり着くまでに9年半を要したが、そこから約5年で2万店に到達した。

加速度的な出店の背景にあったのが、商品やサービスの充実だ。01年からセブン銀行のATM(現金自動出入機)の導入を進めてきたほか、07年にはPB(プライベートブランド)の「セブンプレミアム」を発売。09年には「近くて便利」というスローガンを掲げ、冷凍食品や日用品の品ぞろえを拡充してきた。

古屋社長は「立地と商品とサービス。今後もこの三つを磨きながら、マーケットがあるところで積極的に出店を続けていく」と語る。