グーグルが米オクラホマ州に置くデータセンターの内部。膨大な数のサーバーが並ぶ (c)Google

米ライドシェアサービス「ウーバー」の運転手は、乗務を始める前にアプリで顔写真を撮る。すると、アカウントに登録された本人と同一人物かどうかがAI(人工知能)にチェックされ、承認されれば運転を開始できる。

実はこのAI、開発したのはウーバー自身ではない。米IT大手のマイクロソフトが自社のクラウド上に開発したAIシステムだ。

同社のクラウドサービス「アジュール」では、アプリなどの開発者向けに、オープンな機械学習のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供している。自分のアプリとクラウド上のAIをつなぐ仕組みだ。APIを使えば、画像や音声の認識、翻訳といった機能をアプリに組み込める。

マイクロソフトが展開する顔認識AIはあらかじめ登録した人物の認識のほか、感情や年齢の判別もできる

クラウド売上高が倍増

AIを“民主化”する──。マイクロソフトは今、そんなビジョンを掲げる。誰でも気軽にAIを使えるようにするのが狙いだ。APIはその一例であり、世界中のデータセンターを通して、誰でもこのAIコンピュータにアクセスできる。データの処理量や回数などに応じて課金される。

アジュールはここ数年、急成長を遂げている。直近2017年10~12月期では、クラウド事業全体の売上高が前年同期比15%増の78億ドルだったが、アジュールだけでは倍増となった。