脚光を浴びるエヌビディア。ただ、車載半導体をすべて提供するのは難しい(ロイター/アフロ)

かつて機械が組み合わさって作動していた車が、半導体の塊と化してきた。

車の電子制御化にトヨタ自動車が着手し始めたのは1980年代後半からと歴史は古い。燃料噴射装置をはじめ、運転しやすさのためのパワーステアリングや、急ブレーキでも車体を安定に保つためのサスペンションにも電子制御が使われるようになった。これらが作動するのは、半導体チップを満載した回路基板をモーターにつなげているからだ。動力を必要とするものは何にでも「制御系」の半導体が搭載される。

米調査会社ICインサイツによると2017年の車載半導体市場は280億ドルであり、16~21年の年間平均成長率は13~15%と、IoTと並ぶ高い成長を維持する。